Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)サイレント・ムービー

<<   作成日時 : 2006/08/23 11:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

画像


サイレント・ムービー (1976/米)
Silent Movie

製作 マイケル・ハーツバーグ
監督 メル・ブルックス
脚本 メル・ブルックス / ロン・クラーク / ルディ・デ・ルカ / バリー・レビンソン
撮影 ポール・ローマン
美術 アル・ブレナー
音楽 ジョン・モリス
衣装 パトリシア・ノリス
出演 メル・ブルックス / マーティ・フェルドマン / マルセル・マルソー / ポール・ニューマン / バート・レイノルズ / バーナデット・ピータース / ドム・デルイーズ / シド・シーザー / ハロルド・グールド / ロン・ケアリー / アン・バンクロフト / ヴァレリー・カーティン

舞台は1976年のハリウッド。落ち目の映画監督メル・ファンは、サイレント映画でひと旗あげようと決意。大スター総動員のサイレント映画を作るため、スターたちの説得に乗り出す。ところが成功を目前に撮影所を乗っ取ろうと企んでいた悪徳企業が、メルらに妨害をするようになって…。
パロディ王ともいうべきメル・ブルックスがサイレント映画を本気で復活させた作品。従来のサイレント映画のテンポや撮り方を、見事なまでに継承していて、その凄まじいまでのメルの映画愛には敬服してしまうほど。当時の大スターだったバート・レイノルズのニヤけた2枚目演技や、ポール・ニューマンの電動車椅子でのチェイスなど、大スターが自分自身を実に楽しげにオーバーに演じていて楽しませてくれること確実だ。


非常にギャグ満載で馬鹿馬鹿しいけど面白かったです。まあ、セリフが無い分ジェスチャーや効果音を上手く使っていて良かったです。あと、ポール・ニューマンやライザ・ミネリ、メルブルックス夫人であるアン・バンクロフト等のスターが、自らパロディを演じているのも見ものです。(一番インパクトがあったのはマルセル・マルソーでしたね。)
楽しい時間を過ごすことができました。(コカ・コーラが大活躍でしたね。)


(9点)


メル・ブルックスのサイレント・ムービー
メル・ブルックスのサイレント・ムービー [DVD]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
トラバありがとうございました。
内容的には私は面白くはなかったのですが、
ポール・ニューマンが出てたのはうれしかったな。
昔の「なにかいいことないか子猫チャン」を思い出した。
http://ameblo.jp/eig...
2006/08/25 08:55
http://ameblo.jp/eig...さんコメントありがとうございます。
しかし、ポール・ニューマンの車イスでのレースシーンはある意味貴重な映像ですね。
TM
2006/08/25 15:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)サイレント・ムービー Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる