Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)愛と追憶の日々

<<   作成日時 : 2006/08/24 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

画像


愛と追憶の日々 (1983/米)
Terms of Endearment

製作 ジェームズ・L・ブルックス
監督 ジェームズ・L・ブルックス
脚本 ジェームズ・L・ブルックス
原作 ラリー・マクマートリー
撮影 アンジェイ・バートコウィアク
音楽 マイケル・ゴア
出演 シャーリー・マクレイン / デブラ・ウィンガー / ジャック・ニコルソン / ジョン・リスゴー / ジェフ・ダニエルズ / リサ・ハート・キャロル / ダニー・デヴィート

姉妹のように仲の良い母(シャーリー・マクレーン)と娘(デブラ・ウィンガー)の物語。やがて娘は母の気に入らない男性と結婚するが、彼の浮気を知った後で銀行員(ジョン・リスゴー)と愛し合うようになる。一方母も、隣に住む元宇宙飛行士(ジャック・ニコルソン)に惹かれていくように…。
ジェームズ・L・ブルックスが製作・脚本・監督を務めたヒューマン・ドラマ。母娘の人生模様が笑いと涙でつづられていくのが心地よく、またキャスト陣それぞれの好演も大いにプラスとなっている。アカデミー賞作品・監督・主演女優(シャーリー・マクレーン)・助演男優(ジャック・ニコルソン)の4部門を受賞。


豪華キャストによる、昼ドラという感じでした。まあ、とにかくシャーリー・マクレーンとデブラ・ウィンガーの演技が素晴らしかったです。正直、この2人でなければ最後まで見れなかったかもしれません。しかし、あのジャック・ニコルソンの腹は役作りの賜物なんでしょうかねw

(6点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
1983年の映画(DVD)
■アカデミー賞★作品賞:愛と追憶の日々 監督:ジェームス・L・ブルックス※親であり一人の女としても生きる、姉妹のように仲の良い母と娘の33年に及ぶ深い絆を描いた感動の人間ドラマ。娘は母の気に入らない男と結婚するが、夫の浮気を知って銀行員と愛し合うようになる。一方母も、隣に住む元宇宙飛行士に惹かれていく。出演は、シャーリー・マクレーン, デブラ・ウィンガー, ジャック・ニコルソン, ジョン・リスゴー, ジェフ・ダニエルズ。★監督賞:ジェームス・L・ブルックス「愛と追憶の日々」※... ...続きを見る
中年映画館
2007/09/25 03:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
残暑お見舞い申し上げます。

「愛と追憶の日々」
前売券を買い、観に行った時、高1でした。
素晴らしい演出家と出会った作品でもあります。
今になってこの作品を思い浮かべると、
マイケル・ゴア氏の音楽が印象に残っています。
躍動感ある温かな音楽が、オーロラと孫達の哀しみを包み、
家族が再び歩き始める未来を予感させてくれました。
見舞いの帰途、素直になれない長男。
その頬を打つオーロラ。

痛みに耐えかねる娘を見かね、看護士に詰め寄り、
投与を要求するオーロラ、

これらのシーンも忘れられません〆
まなぶ
2006/08/25 03:51
まなぶさんいつもコメントありがとうございます。
音楽は本当に印象に残りますね。調べたら、続編(夕べの星)もあるようなので見てみたいと思っています。
TM
2006/08/25 15:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)愛と追憶の日々 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる