Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)サンセット大通り

<<   作成日時 : 2007/05/01 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


サンセット大通り (1950/米)
Sunset Boulevard

製作 チャールズ・ブラケット
監督 ビリー・ワイルダー
脚本 チャールズ・ブラケット / ビリー・ワイルダー / D・M・マーシュマンJr.
撮影 ジョン・F・サイツ
美術 ハンス・ドライアー / ジョン・ミーハン
音楽 フランツ・ワックスマン
衣装 イーディス・ヘッド
出演 グロリア・スワンソン / ウィリアム・ホールデン / エリッヒ・フォン・シュトロハイム / ナンシー・オルスン / バスター・キートン / セシル・B・デミル / ヘッダ・ホッパー / アンナ・Q・ニルソン / H・B・ワーナー

 名匠ビリー・ワイルダー監督がハリウッドの内幕を冷酷なまでのタッチで描いた一大傑作。売れない映画脚本家ジョー(ウィルアム・ホールデン)の死体が、サイレント映画時代の大女優ノーマ(グロリア・スワンソン)の家のプールで発見された。なぜ、彼が殺されるに至ったか、やがてドラマは回想形式となり、その中からハリウッドの魑魅魍魎(ちみもうりょう)とした実態が明らかになっていく。
自らの没落と老醜に気づくことなく、かつての名声の夢の中に生きるノーマの姿を、カメラは冷たくとらえ続けていく。しかし、そこに悪趣味な要素など微塵もなく、むしろ格調高さに満ちあふれているところが凡百の内幕ものとの差異であろう。それはまた真の名女優グロリア・スワンソンでなければ体現できない格調であり誇りでもある。アカデミー賞脚本・美術・装置・作曲賞を受賞。しかし、それら以上にもっとも優れているのは、これぞ映画としか言い表せないヒロインの演技である。


 グロリア・スワンソンの鬼気迫る演技がすばらしいです。まさに名作と呼ぶに相応しい映画ですね。
 しかし、観終わった後、いろいろインターネットでこの作品について調べてみると本当に興味深い話が出てきますね・・・・・。そういった背景も含めて楽しめる作品です。

(8点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)サンセット大通り Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる