Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)ミスター・ベースボール

<<   作成日時 : 2009/05/30 22:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ミスター・ベースボール (1992/米=日)
Mr. Baseball

製作総指揮 ジョン・ケイオ / ジェフリー・シルヴァー / 近藤晋
製作 フレッド・スケピシ / ダグ・クレイボーン / ロバート・ニューマイヤー / アリエル・レヴィ
監督 フレッド・スケピシ
脚本 ゲイリー・ロス / ケビン・ウェイド / モンテ・メリック
原案 セオ・ペレティア / ジャン・ユンカーマン
撮影 イアン・ベイカー
美術 テッド・ハワース
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
衣装 ブルース・フィンレイソン
出演 トム・セレック / 高倉健 / 高梨亜矢 / デニス・ヘイズバート / 塩屋俊 / 豊原功補 / 穂積隆信 / 浜村純 / 藤田朋子 / 桜金造

 助っ人として日本にやってきた大リーガー。日本文化や野球理論の違いに監督と衝突を繰り返すが…。


 まあ、コメディ映画に誇張は付き物なんで日本の野球や社会の描写についてはツッコミを入れながら楽しむのがこの映画の正しい観方ではないでしょうか。高倉健の人情味のある鉄拳監督役も中々よかったです。

 何といっても、この映画はプロ野球が国民的娯楽の王様であった時代の思い出を甦らせてくれる作品でもあります。ゴールデンタイムには当たり前のようにプロ野球中継が流れ、視聴率もとっていた時代。当然メジャーに行く日本人などおらず、プロ野球こそがまさに国内の最高峰の選手たちが集う舞台であった時代。この映画で映されるナゴヤ球場の熱気は作り物ではありますが、今の球場に漂う空気とは異なる「熱狂」をリアルに作り出しています。当時、各地の野球場に通ってた野球マニアであった者としては非常に懐かしく感じます(まあ、パリーグに関しては今の方が全然いいですけど)。

 当時は隔絶していた日米野球界もかなり交流が深まり、すっかり日本野球もメジャーに取り込まれてしまいましたね。そういう意味では、この映画は現在の野球界の流れを読んでいたということになりますね。その代わり、日本プロ野球はメジャーのマイナーリーグ化しつつありますが・・・・・。

(8点)

 





長嶋茂雄?永遠不滅の100伝説
テーミス

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

トレーディングフィギュア 長嶋茂雄 BOX
ミント

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

藤井康雄の突破力?ミスター・ブルーウェーブ
東邦出版
テレビ大阪スポーツ部

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)ミスター・ベースボール Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる