Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)存在の耐えられない軽さ

<<   作成日時 : 2009/08/12 23:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


存在の耐えられない軽さ (1988/米)
The Unbearable Lightness of Being

製作総指揮 バーティル・オールソン
製作 ソウル・ゼインツ
監督 フィリップ・カウフマン
脚本 ジャン・クロード・カリエール
原作 ミラン・クンデラ
撮影 スヴェン・ニクヴィスト
音楽 レオシュ・ヤナーチェク
出演 ダニエル・デイ・ルイス / ジュリエット・ビノシュ / レナ・オリン

「人生は私にはとても重いのに、あなたにはごく軽いのね。私、その軽さに耐えられないの」静かに動き始める微妙な三角関係。一人の男と二人の女。彼らは“プラハの春”を生きた。


 ダニエル・デイ・ルイスとジュリエット・ビノシュ 、 レナ・オリンの演技力で何とか持たせてはいましたけれども、とりあえず尺が無駄に長いように感じました。まあ、「プラハの春」を描いた映画はあまり日本では見られないので、興味深い作品ではありましたが・・・・。もう少しうまくまとめていれば、ラストの感動も更に大きかったのではないかなと思いました。

(7点)
 





存在の耐えられない軽さ
ワーナー・ホーム・ビデオ

ユーザレビュー:
美しい映像とショコラ ...
原作を読んだものの立 ...
生涯、Best1。映 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


存在の耐えられない軽さ [DVD]
ワーナー・ホーム・ビデオ

ユーザレビュー:
ビノシュの魅力ソ連に ...
大人向け プラハの春 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)存在の耐えられない軽さ Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる