Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)暗殺 リトビネンコ事件

<<   作成日時 : 2009/11/10 23:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


暗殺 リトビネンコ事件 (2007/露)
Bunt. Delo Litvinenko
Rebellion: The Litvinenko Case

製作 オルガ・コンスカヤ
監督 アンドレイ・ネクラーソフ
脚本 アンドレイ・ネクラーソフ / オルガ・コンスカヤ
撮影 マルクス・ヴィンターバウアー / セルゲイ・ツィハノヴィッチ
音楽 ワディム・クリツキー
出演 マリーナ・リトビネンコ / ボリス・ベレゾフスキー / アンドレイ・ルゴヴォイ / ミハイル・トレパシキン / イワン・デムシキン / ウラジーミル・プーチン

元ロシア工作員、アレクサンドル《サーシャ》・リトビネンコの暗殺事件の真相を追ったドキュメンタリー。


 この作品はリトビネンコ事件の追求のみならず、先進国とは到底思えないロシアの権力体制の異常とも思える姿を告発していて非常に興味深かったです。そういう国家が隣に存在することが恐ろしいですね。
 
 権力維持のために反抗するものに対し手段を選ばず抑え付けようとし、しかも国民に対する見せしめの意味もこめているのか露骨な報復手法をあえてとる姿勢を見ると、この国は民主主義・自由主義の皮をかぶった全体主義の独裁国家なのではないかと感じてしまいます。

 まあ、政商が「ロシア人の精神性には隷属志向がある」と語るシーンがあったり、プーチンの過去の犯罪に言及したりとかなり過激な内容で、監督の身の安全を心配してしまいます・・・・・(家は荒らされたようですが)。

(7点)



暗殺国家ロシア?リトヴィネンコ毒殺とプーチンの野望 (学研新書)
学習研究社
寺谷 ひろみ

ユーザレビュー:
ロシア政界の裏側元K ...
専制君主プーチン プ ...
研究者用としか思えな ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

キネマ旬報 2008年 1/15号 [雑誌]
キネマ旬報社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

歴史を変えた28の暗殺
彩図社
小田桐 一

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)暗殺 リトビネンコ事件 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる