Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)アウシュビッツ行 最終列車 ヒトラー第三帝国ホロコースト

<<   作成日時 : 2009/11/17 00:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

画像


アウシュビッツ行 最終列車 ヒトラー第三帝国ホロコースト (2006/独=チェコ)
Der letzte Zug
The Last Train

製作 アルトゥール・ブラウナー
監督 ダナ・ヴァフロヴァー / ヨゼフ・フィルスマイヤー
脚本 スティーブン・グランツ
原案 アルトゥール・ブラウナー
撮影 ヨゼフ・フィルスマイヤー / ヘルムフリート・コバー
音楽 クリスティアン・ヘイネ
出演 ゲデオン・ブルクハート / ラーレ・ヤバシュ / レナ・バイヤーリンク / シベル・ケキリ

 「スターリングラード」のヨゼフ・フィルスマイヤー監督がアウシュビッツ収容所に送られる人々の悲しい人間ドラマを描く衝撃の問題作。第二次世界大戦末期、ヒトラー第三帝国終焉間近のある日。突然、ユダヤ人というだけで、家畜用貨物車で強制的にアウシュビッツ収容所へと送られる人々。過酷な列車の旅で半分以上の人が死んでいく。絶望の列車に閉じ込められた中で何とかして生き延び、列車から逃れようと試みるのだが…。


 アウシュビッツへ送られる列車の中の悲惨な様子をひたすら描いている作品です。豊かな生活をしていたユダヤ人たちが突然地獄のような世界へ送り込まれる様が完全なるフィクションでは無いことが恐ろしいですね。

 権力や状況が免罪符さえ与えさえすれば、多くの人間は他の人間を平気で家畜扱いしたり殺せたりするのだとは思いたくないんですけどね・・・・・。まあ、平和ボケなのかもしれませんが。

 まあ、出演者の演技も良く、悪い作品ではないのですが約2時間ひたすら悲惨な密室劇を見せられるとさすがに疲れますね。

(7点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
アウシュビッツで視聴率を稼ぐフジテレビ
■フジテレビは犯罪的でさえある。開局45周年記念だかなんだか知らないが『白い巨塔』がテレビドラマとして始めてアウシュビッツでロケを行ったということを話題にして視聴率を稼ごうとしているのだから。アウシュビッツを番組宣伝のだしに使うことに、まったく良心の呵責を感じていない様子なのだから、フジテレビの社員は正常な倫理的判断能力を完全に失っていると考えてよい。これまでフジテレビが何をしてきたか、これからフ... ...続きを見る
愛と苦悩の日記
2010/01/22 16:43

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)アウシュビッツ行 最終列車 ヒトラー第三帝国ホロコースト  Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる