Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)スコットランド・カップの奇跡 栄光のストライカー

<<   作成日時 : 2009/11/03 21:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


スコットランド・カップの奇跡 栄光のストライカー (2000/米=英)
A Shot at Glory

製作総指揮 スティーヴン・ボウマン / ビリー・ハインザーリング / ロジャー・マリノ / デニス・オニール
製作 ロブ・カーライナー / マイケル・コレント / ロバート・デュヴァル
監督 マイケル・コレント
脚本 デニス・オニール
撮影 アレックス・トムソン
美術 アンディ・ハリス
音楽 マーク・ノップラー
衣装 トリシャ・ビガー
出演 ロバート・デュヴァル / マイケル・キートン / アリー・マコイスト / ブライアン・コックス / カースティ・ミッチェル / コール・ハウザー / スコット・G・アンダーソン / モラグ・フッド / リビー・ラングドン

ゴードン・マクロードはスコットランドの2流サッカーチームの監督。アメリカ人オーナーからかけられるプレッシャー、そして義理の婿でもあるスター選手の素行不良、長い歴史を地元と共に歩んできたチームの移転問題など、頭の痛い日々。そんなある日、彼を裏切った旧友が監督をする一流チームと対決することに。果たして勝利の結果は?奇跡は起こるのか。


 これは、贔屓のサッカーチーム(しかも強豪ではない)を持っている者にとってはたまらなく魅力的な映画ですね。元スター選手役を演じたアリー・マコイストは、実際にレンジャーズ等で活躍していたストライカーだけあって試合のシーンもリアルな感じでした。
 
 小さなチームがジャイアントキリングを続けて遂にカップ戦の決勝まで・・・という流れは、どうしても自分の応援するチームと置き換わってしまうのか感情移入してしまいますね。話の締め方もイギリス映画らしく甘くはないのですが、心温まる感じで良かったです。

 スコットランドのサッカー事情も垣間見れて興味深かったです。見る前にちょっとスコットランドサッカーについて予備知識を仕入れておくと良いかもしれません。

(8点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)スコットランド・カップの奇跡 栄光のストライカー  Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる