Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)ヴェロニカ・ゲリン

<<   作成日時 : 2010/05/25 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ヴェロニカ・ゲリン (2003/米=アイルランド=英)
Veronica Guerin

製作総指揮 ネッド・ダウド / チャド・オーマン / マイク・ステンソン
製作 ジェリー・ブラッカイマー
監督 ジョエル・シュマッカー
脚本 キャロル・ドイル / メアリー・アグネス・ドナヒュー
原案 キャロル・ドイル
撮影 ブレンダン・ガルヴィン
美術 ネイサン・クローリー
音楽 ハリー・グレッグソン・ウィリアムス
衣装 ジョアン・バーギン
特撮 ケヴィン・バーン
出演 ケイト・ブランシェット / ジェラード・マクソーレイ / サイアラン・ハインズ / ブレンダ・フリッカー / バリー・バーンズ / サイモン・オドリスコール / コリン・ファレル

 正義と勇気を貫いたジャーナリストの実録ヒューマン・ドラマ。命の危険に晒されながらもたった一人で麻薬犯罪組織を追い詰めていったアイルランドの女性記者ヴェロニカ・ゲリンの葛藤と悲愴な覚悟を描く。監督は「フォーン・ブース」のジョエル・シューマカー。主演は「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズのケイト・ブランシェット。
 1996年6月26日、アイルランド、ダブリン。麻薬犯罪の実態を追い続けていたサンデー・インディペンデント紙の記者ヴェロニカ・ゲリンが凶弾に倒れた。だが、彼女の死は人々を目覚めさせ、社会に変革をもたらすこととなった――。1994年、夫グレアムとひとり息子のカハルとともに幸せに暮らしていたヴェロニカ。彼女は、子どもたちにまで麻薬が蔓延している事実に憤りを覚え取材を開始する。様々な情報源を活用して核心へと迫っていくヴェロニカ。だが、犯罪組織は彼女がこの件から手を引くよう、彼女の愛する家族までをも脅迫の材料にしていく…。


 弱い者を食い物にして儲けている悪党どもに立ち向かうジャーナリストの姿が、いわゆる正義のヒーローでなく我々と等身大の普通の人間であることに非常に感銘を受けました。そして「殉教者」の出現を待つのではなく、自らが動いていかなければならないと痛感しましたね。

(8点)

 


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)ヴェロニカ・ゲリン Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる