Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)ボルベール 帰郷

<<   作成日時 : 2010/08/09 23:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ボルベール 帰郷 (2006/スペイン)
Volver
Return

製作総指揮 アグスティン・アルモドバル
製作 エステル・ガルシア
監督 ペドロ・アルモドバル
脚本 ペドロ・アルモドバル
撮影 ホセ・ルイス・アルカイネ
美術 サルバドール・パラ
音楽 アルベルト・イグレシアス
衣装 ビーナ・ダイゲラー
出演 ペネロペ・クルス / カルメン・マウラ / ロラ・ドゥエニャス / ブランカ・ポルティーリョ / ヨアナ・コボ / チュス・ランプレアベ / アントニオ・デ・ラ・トーレ / カルロス・ブランコ / イサベル・ディアス / ニエベス・サンス・エスコバル

 しっかり者のライムンダは、失業中の夫と娘のために日々懸命に生きていたが、血のつながらない娘を襲おうとした夫を娘が殺してしまったことから、平和な日々は一転。彼女は死体を隠し、娘をかばうことに奔走していた。そんなとき、ライムンダの姉ソーレは火事で亡くなった母が自分の目の前に現れて驚く。幽霊? 幻? 母と暮らしはじめるソーレ。姉を尋ねたライムンダは、ソーレの家で母の気配を感じた。しかし、母はライムンダの前に現れることができないという。仲違いしたまま死んだので、会う勇気がないと言うのだ。それでも娘を思う気持ちは変わらない。やがてふたりが再会するときがきた…。
『オール・アバウト・マイ・マザー』など女性を描いたら右に出るものがいないスペインの巨匠ペドロ・アルモドバル監督が描いたペネロペ・クルス主演作。女性のたくましさ背中合わせも危うさ、そして母娘の絆に、アルモドバル特有のユーモアを加味してカンヌ映画祭などで絶賛された傑作。アルモドバル作品に出ているときが、いちばん輝きを増すペネロペ・クルスは、強さと美しさをあわせもった女を熱演してアカデミー賞主演女優賞候補になった。また色彩も目を見張る! 衣装から美術にいたるまで、原色を使いながらも決してあくどくなく、その映像は息をのむほど鮮やかで美しい。女同士だからこそぶつかりあい、女同士だからこどわかりあえる母娘関係に共感する人は多いかもしれない。


 下手な監督が撮っていたら陳腐なB級サスペンスになってしまいそうな題材を、ここまで芸術的に美しく、そして抜群に面白い特級の作品に仕立て上げてしまうアルモドバルの才能に感服してしまいました。

 まあ女性の逞しさ、したたかさの前には、男は到底かなわないな・・・・と感じさせる作品でしたね。

(8点)

  



スマイルBEST ボルベール<帰郷> スタンダード・エディション [DVD]
Happinet(SB)(D)

ユーザレビュー:
ペネロペがはまりすぎ ...
自分自身と過去との対 ...
ぺネロぺが素敵すぎ  ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スマイルBEST ボルベール<帰郷> スタンダード・エディション [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

ボルベール (ランダムハウス講談社文庫)
武田ランダムハウスジャパン
ペドロ・アルモドバル

ユーザレビュー:
つるひめのレビュー「 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ボルベール (ランダムハウス講談社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

【中古】◆DVD◆ボルベール <帰郷>◆
マンモスビデオ
状態レンタル落ち中古DVDメーカーギャガ公開・放映情報2006年スペイン120分スタッフ監督・脚本:

楽天市場 by 【中古】◆DVD◆ボルベール <帰郷>◆ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)ボルベール 帰郷 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる