Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)ロストパラダイス・イン・トーキョー

<<   作成日時 : 2010/09/29 00:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ロストパラダイス・イン・トーキョー (2009/日)
Lost Paradise in Tokyo

監督 白石和彌
脚本 高橋泉 / 白石和彌
撮影 辻智彦
美術 今村力
音楽 安川午朗
出演 小林且弥 / 内田慈 / ウダタカキ / 米山善吉 / 磯部泰宏 / 市村直樹 / 草野速仁 / 重廣礼香 / 奈良坂篤 / 奥田瑛二

新人監督発掘のために創設された「コイノボリ・ピクチャーズ」第1回製作作品で、昨年のSKIPシティ国際Dシネマ映画祭(埼玉県川口市)SKIPシティアワード受賞作。

 知的障害者の兄、実生(さねお)と暮らす幹生(みきお)は、アイドル兼風俗嬢のマリリンと奇妙な同居生活を始める。3人は自分たちだけの島を購入するという夢を実現しようとしていたが…。白石和弥監督は「相手を理解することから始めれば人との距離が縮まりつながっていく、という思いを込めた」と語る。人間関係が希薄になっている現代日本に警鐘を鳴らすだけでなく、鮮やかなラストできちんと希望も提示してくれた。


 荒削りな部分もありますが、この監督の才能は今後楽しみですね。登場人物たちの不安定な状況を手持ちカメラによる映像で美しい光や風景を散りばめて映し出しています。こういう作品を観ると、「映画の質の高さ=制作費の高さ」ではないことがわかりますね。
 
 まあ、出てくる人間がどいつもこいつも他人をわかっているようでわかっていない独りよがりな奴ばかりで、「そりゃ世間で上手くやっていけないよ」と思いながら観ていたんですが、いろいろな出来事を通して徐々に変わっていく展開に引き込まれていきました。

 地味な展開でありながらも観客を退屈させない仕掛けも良いタイミングで用意していますし、主要人物のキャスティング・演技も素晴らしく良い映画だったと思います。

(7点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)ロストパラダイス・イン・トーキョー Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる