Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)人の砂漠

<<   作成日時 : 2010/10/15 23:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


人の砂漠 (2010/日)

製作 李恒美 / 田中勇也 / 小川大樹 / 堀口憲一
監督 後閑広 / ヤングポール / 栗本慎介 / 長谷部大輔
脚本 大浦光太 / 瀬古真史 / 神田エミイ亜希子 / 後藤千華 / 服部隆志
原作 沢木耕太郎
撮影 和野花 / 白浜哲 / 浅見貴宏 / 安部雅行
美術 金子弘明 / 川西那奈 / 有吉信寛 / 難波和之
音楽 安川みか / 中西航介 / 松岡美弥子 / 田中文久 / 川端啓太
出演 石橋蓮司 / 黒木辰哉 / 筒井真理子 / 有福正志 / 日野陽仁 / 夏木マリ / 黒沢あすか / 綱島郷太郎 / 西方凌 / 樋浦勉 / 室井滋 / 忍成修吾 / 金井勇太 / 竹嶋康成 / MEGUMI / 小池栄子 / りりィ / 中川梨絵 / 野嵜好美 / 佐野和宏

 ノンフィクション作家・沢木耕太郎の著書「人の砂漠」を東京芸大生が映画化したオムニバスドラマ。実在した人物の凄まじい生き様を、石橋蓮司、夏木マリほか豪華キャストが熱演。「屑の世界」「鏡の調書」「おばあさんが死んだ」ほか、全4編を収録。


 学生時代、沢木耕太郎の本を読み漁り彼の描く世界観に影響を受けたこともあり、その中でも好きな作品である「人の砂漠」の映画化と聞いて非常に期待してたんですけどね・・・・・。あまりに稚拙な解釈にがっかりしてしまいました。はっきり言って失敗作だと思います。

 学生の作品なんで仕方ないといえば仕方ないんですけどね。でも、これを映画館で上映して、客から金をとったらダメでしょう。

 それと、特殊な人生を送っている登場人物たちへの思いが全く感じられず、見世物的な感じで表面的に描いているのもなんだかなあという感じですね(まあ、上から目線なのはある意味原作もそうなので若者特有の「青さ」ということで理解できますけど)。この「思い」こそが沢木耕太郎の作品の肝なんですけどね・・・・・。

 あと、各ストーリーでやたらと登場人物たちへ警官や地域住民、親類等が蔑視の視線や嫌悪感、憎しみをぶつけていますけれども、実はそれこそが作り手の本音なのが丸わかりで気味が悪かったですね。「屑の世界」の反対運動なんて、あんなあからさまなことをしたら大きなニュースになりますよ・・・・。

 やたらとキャストが豪華なのがまた内容の拙さを強調していますね。 

(1点)
 

 

 



人の砂漠 (新潮文庫)
新潮社
沢木 耕太郎

ユーザレビュー:
とてもおもしろい小説 ...
無縁社会日本ここしば ...
ノンフィクションって ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 人の砂漠 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)人の砂漠 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる