Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)恋愛睡眠のすすめ

<<   作成日時 : 2010/11/27 01:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


恋愛睡眠のすすめ (2006/仏=伊)
La Science des rêves
The Science of Sleep

製作 ジョルジュ・ベルマン
監督 ミシェル・ゴンドリー
脚本 ミシェル・ゴンドリー
撮影 ジャン・ルイ・ボンポワン
美術 アン・チャクラヴェルティ / ピエール・ペル / ステファン・ローザンボーム
音楽 ジャン・ミシェル・ベルナール
衣装 フロランス・フォンテーヌ
出演 ガエル・ガルシア・ベルナル / シャルロット・ゲンズブール / ミウ・ミウ / アラン・シャバ / エマ・ドゥ・コーヌ / ピエール・ヴァネック / オレリア・プティ / サッシャ・ブルド

「ヒューマンネイチュア」「エターナル・サンシャイン」の奇才・ミシェル・ゴンドリー監督が、初めて自ら脚本も手掛けた長編監督第3作。恋に不器用な冴えない青年が、片想いしていた隣人の美女と夢の中で恋愛を成就させ、次第に夢と現実を混同させてしまうさまを、シュールかつ奇想天外なヴィジュアルで綴るキュートなロマンティック・コメディ。主演は「モーターサイクル・ダイアリーズ」のガエル・ガルシア・ベルナル、共演に「なまいきシャルロット」のシャルロット・ゲンズブール。


  「※ただしイケメンに限る」という言葉が真っ先に頭に浮かびましたね。主人公がいい男なんでファンタジックでロマンチックな映画に仕上がっているわけですし、恋愛に不器用なところも魅力的に映っているわけです。はっきり言って普通の男が主人公だったら、悪趣味で気持ちの悪いカルトムービーになっていたことでしょう。

 ただ、これだけ延々と独りよがりな脳内妄想や徘徊が続くので、段々鬱陶しくなってきたのも事実です。結局、妄想に逃げ込んで終わりかい!って感じでしたし。

 まあ、恋愛の楽しさの何割かは妄想することだったりしますし、その妄想と現実がシンクロしたときの幸福感こそが恋愛の醍醐味だったりもするんですけどね。

(6点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)恋愛睡眠のすすめ Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる