Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)エリックを探して

<<   作成日時 : 2010/12/26 21:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


エリックを探して (2009/英=仏=伊=ベルギー=スペイン)
Looking for Eric

製作 レベッカ・オブライエン
監督 ケン・ローチ
脚本 ポール・ラヴァティ
撮影 バリー・アクロイド
美術 ファーガス・クレッグ
音楽 ジョージ・フェントン
出演 スティーヴ・エヴェッツ / エリック・カントナ / ステファニー・ビショップ / ジェラード・カーンズ / ステファン・ガムズ / ルーシー・ジョー・ハドソン

 大のサッカー好きという社会派の名匠ケン・ローチ監督が、かつて名門マンチェスター・ユナイテッドでエースとして君臨した元フランス代表のスーパースター、エリック・カントナとの異色のコラボで贈る、心温まる人生一発逆転コメディ。なにもかも上手くいかず、どん底で苦しむ中年男が、突然現われた憧れのヒーロー、カントナのアドバイスに勇気を得て難局を乗り越えていく姿を仲間たちとの熱い絆を軸に描く。
 マンチェスターの郵便配達員エリック・ビショップは、しょぼくれた中年オヤジ。2度の結婚に失敗した彼は、7年前に出て行った2度目の妻の連れ子2人を一人で育ててきた。しかし、その2人の息子はいまやすっかり問題児。おまけに、未だに心から愛しているものの、今さら合わせる顔がないと感じていた最初の妻リリーと再会しなければならなくなり、気持ちが沈んでいた。そんな彼の心のアイドルは、地元マンチェスターの英雄、エリック・カントナ。今日も自室に貼った彼のポスターに向かって愚痴をこぼすエリックだったが、なんと突如どこからともなくカントナ本人が現われた。そして含蓄ある格言で彼を励まし始めるのだったが…。


 エリック・カントナの幻が出てきたり、クライマックスの展開などコメディ色はあるものの、やはりケン・ローチらしいイギリスの日常風景で起きる様々な問題を描いた作品でした。途中の絶望的な状況なんてまさに「いつもの」という言葉を使いたくなるような展開でした。で、「いつも」なら我々に強烈な問題提起を叩きつけて物語は終わるのですが、この作品についてはやはり「KING」エリック・カントナのカリスマ性が為せる技なのか一味違う印象を受けましたね。カントナの語る格言やアドバイスが中々心に沁みました。一番印象的だったのは「最大の復讐は赦すことである」ですかね・・・・・。

 カントナの現役時代のプレー(本当に威厳があって格好いいです)もところどころに散りばめられていますし、マンチェスターユナイテッドがアメリカの実業家に買収された後に反対するサポーターがFCユナイテッド・オブ・マンチェスターを新たに結成したことなんかも触れられていたりして、サッカーファン(プレミアリーグ好きなら特に)の方には是非劇場で見ることをお勧めしたいですね。

(8点)



【エリック・カントナ】 ドリブル OLD TRAFFORDFOOTBALL&moreframed アート
江戸屋洋品店
.cname{padding:7px 3px 6px;border-top:2px solid #5

楽天市場 by 【エリック・カントナ】 ドリブル OLD TRAFFORDFOOTBALL&moreframed アート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)エリックを探して Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる