Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)4月の涙

<<   作成日時 : 2011/05/15 00:55   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


4月の涙 (2008/フィンランド=独=ギリシャ)
Käsky
Tears of April

製作 アレクシ・バルディ
監督 アク・ロウヒミエス
脚本 ヤリ・ランタラ
原作 レーナ・ランデル
撮影 ラウノ・ロンカイネン
音楽 ペッシ・レヴァント
出演 サムリ・ヴァウラモ / ピヒラ・ヴィータラ / エーロ・アホ / ミーナ・マーソラ / リーナ・メイドレ / スレヴィ・ペルトラ / ミッコ・コウキ / ヤンネ・ヴィルタネン

1918年、フィンランド内戦末期、赤衛軍の女性兵士たちが白衛軍の男性兵士たちに捕えられる。その後、女性兵たちは乱暴され、逃亡兵として銃殺されてしまう。あまりにも理不尽で残酷な蛮行に衝撃を受けたドイツ帰還兵のアーロは、公正な裁きの場を求めてひとり生き残った女を連れボートに乗り込む。しかし女の反抗でふたりは荒涼とした島に遭難。やがて島で暮らすうちにふたりの関係に変化が生じはじめる。その後に判事のもとに辿り着いたふたりを待っていたのは、公正とは程遠い利己主義で冷酷無比な男の仕打ちだった。ふたりを待ち受ける過酷なまでに哀しく、切ない運命。内戦という異様な時代を背景に様々な愛の形が描かれる。


 思想の違いで同じ民族が殺しあう内戦の恐ろしさ、悲しさが様々な人間関係を通して描かれています。生々しい描写が多く目を背けたくなるシーンも結構ありましたが、全体的にかなり緻密に作られていて芸術性とドラマ性が両立した見応えのある作品となっています。

 フィンランドの美しい風景が、人間たちの争いの醜さを強調する役割を果たしていて非常に印象的でした。音楽の使い方も効果的でしたね。

(7点) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)4月の涙 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる