Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)パリ20区、僕たちのクラス

<<   作成日時 : 2011/05/09 21:27   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


パリ20区、僕たちのクラス (2008/仏)
Entre les murs
The Class

製作 カロリーヌ・バンジョー / カロル・スコッタ / バルバラ・ルテリエ / シモン・アルナル
監督 ローラン・カンテ
脚本 ローラン・カンテ / ロバン・カンピヨ / フランソワ・ベゴドー
原作 フランソワ・ベゴドー
撮影 ピエール・ミロン / ゲオルギー・ラザレフスキー / カトリーヌ・ピュジョル
衣装 マリー・ル・ガレック / ベベト・ジョアネ
出演 フランソワ・ベゴドー / フランク・ケイタ / ナシム・アムラブ / ローラ・バケラ / シェリフ・ブナイジャ・ラシュディ / ウェイ・ホァン / ジュリエット・ドゥメイユ / ラシェル・レグリエ / カルル・ナノル / アンリエット・カサルアンダ

2008年カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した、ひとりの教師と24人の生徒の交流を描いた感動ドラマ。パリ20区の中学校で教鞭を執る国語教師・フランソワ。母国語も出身国も異なる24人の生徒を受け持つが、彼らは反抗的な態度を取るばかりで…。


 あるクラスの状況を通して、フランスの教育事情だけでなく「移民国家」としてのフランス社会事情を映し出している作品です。

 移民の子供たちの態度も未熟さ、甘えから来るものと言うよりは、自分たちの主張を声高に叫ばないと拾ってもらえないというような移民の社会的におかれている状況、そして社会からの疎外感が影響しているように思えます。

 まあ、教師側が情に流されず割り切って淡々と教師業をこなしていること、生徒側もいろいろな騒動が起こった後も引きずることなく授業に出ていることなんかを見ると文化の違いを感じますね。

 はっきり言って映画としてはそれほど面白い作品ではありませんが、ドキュメンタリーとしては興味深い作品でした。

(7点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)パリ20区、僕たちのクラス Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる