Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)十三人の刺客

<<   作成日時 : 2011/06/14 00:24   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


十三人の刺客 (2010/日)

製作総指揮 ジェレミー・トーマス / 平城隆 / 中沢敏明
製作 上松道夫 / 島本雄二 / 島谷能成 / 吉田鏡 / 市川南 / 白石統一郎 / 梅澤道彦
監督 三池崇史
脚本 天願大介
原作 池宮彰一郎
撮影 北信康
美術 林田裕至
音楽 遠藤浩二
衣装 澤田石和寛
出演 役所広司 / 市村正親 / 山田孝之 / 伊勢谷友介 / 沢村一樹 / 古田新太 / 高岡蒼甫 / 六角精児 / 波岡一喜 / 近藤公園 / 石垣佑磨 / 吹石一恵 / 谷村美月 / 松方弘樹 / 伊原剛志 / 斎藤工 / 阿部進之介 / 光石研 / 内野聖陽 / 岸部一徳 / 松本幸四郎 / 平幹二朗 / 稲垣吾郎

 『クローズZERO』の三池崇史監督によるアクション時代劇。江戸時代末期。老中・土井利位より明石藩主・松平斉韶暗殺の命を下された島田新左衛門は、甥の新六郎ら腕に覚えのある刺客を集め、300人を超える明石藩の軍勢に戦いを挑む。


 延々と続く殺戮の映像が暴力の破壊性、虚しさを激しく伝えてくれます。また、忠義という「美徳」によって思考停止を余儀なくされ、視野狭窄に陥ることの恐ろしさを教えてくれる作品でもありました。
 
 忠義に殉ずる事と、主君に無条件に従うことは同じように見えて全く違うものであって、主君たる座についたからその者を主君として仕えるというよりは、主君という座がありその座の存在に対し忠義を尽くすのが本当の姿なのではないでしょうか。

 稲垣吾郎演じる殿様のような愚かなリーダーは、決してドラマの中だけに出てくる創作物ではないのだと思います。

(8点) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)十三人の刺客 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる