Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)ハロルドとモード 少年は虹を渡る

<<   作成日時 : 2011/11/22 00:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ハロルドとモード 少年は虹を渡る (1971/米)
Harold and Maude

製作総指揮 ミルドレッド・ルイス
製作 コリン・ヒギンズ / チャールズ・マルベヒル
監督 ハル・アシュビー
脚本 コリン・ヒギンズ
撮影 ジョン・A・アロンゾ
美術 マイケル・ハラー
音楽 キャット・スティーヴンス
衣装 ウィリアム・テイス
出演 バド・コート / ルース・ゴードン / シリル・キューザック / チャールズ・タイナー

 19にして狂気と思えるほど自らの死に取り付かれたハロルド、一方対照的に80を数えなお若々しくふるまうモード、こんな二人がいつしか互いを包みあうように寄り添ってゆく。明らかにモラルに反する二人の仲が違和感なく入り込んでくるのは、互いが心を隠すことなく正直にぶつけ合うからだろう。一見邪道とも感じるストーリも愛すること、生きることをしっかりととらえたセリフにより深く心に突き刺さる。


 モードの腕に刻まれた数字について、作品の中で具体的に説明されることはありませんでしたが、非常に大きな意味を持っています。過去に地獄のような経験をし、生き延びたモードが最後に、死に取り憑かれた少年に自らの死を持って生きることの重要さを教える姿に深く感銘を受けました。

 全体的にユーモラスで洒落た作りになっていますが、中味のある良い映画でした。キャット・スティーブンスの音楽も非常に良かったです。

(7点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)ハロルドとモード 少年は虹を渡る  Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる