Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)アンチクライスト

<<   作成日時 : 2012/02/05 00:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


アンチクライスト (2009/デンマーク=独=仏=スウェーデン=伊=ポーランド)
Antichrist

製作総指揮 ペーター・ガルデ / ペーター・アールベーク・イェンセン / ベティーナ・ブロケンパー
製作 ミタ・ルイーズ・フォルデイガー
監督 ラース・フォン・トリアー
脚本 ラース・フォン・トリアー
撮影 アンソニー・ドッド・マントル
美術 カール・ユリウスソン
音楽 クリスチャン・エイドネス・アンデルセン
出演 シャルロット・ゲンズブール / ウィレム・デフォー / ストルム・アヘシェ・サルストロ

 「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「ドッグヴィル」の鬼才ラース・フォン・トリアー監督が、シャルロット・ゲンズブールとウィレム・デフォーを主演に迎えて撮り上げた衝撃の問題作。愛する息子を事故で失った夫婦が悲嘆と絶望の中で辿るあまりにも残酷な運命を、美しくかつ衝撃的な映像で描き出していく。プロローグとエピローグを含む全6章で構成。悲痛にして大胆不敵な演技を披露したシャルロット・ゲンズブールは、みごとカンヌ国際映画祭主演女優賞に輝いた。
 夫婦が愛し合っているさなかに、目を離していた幼い息子がマンションから転落死してしまう。深い悲しみと自責の念で精神を病んでいく妻。セラピストの夫は、自ら妻の治療に当たるべく、彼女を人里離れた森の奥の山小屋に連れて行く。妻を救いたい一心で、懸命に心理療法を施す夫だったが…。


 まあ、露悪的でアホな作品にしか思えないのですが、それでも最後まで飽きずに観ることができたのはラース・フォン・トリアー監督の力量(というかブランド力)なんでしょうかね。それにしても、この監督病んでるとしか思えませんが。
 
 内容的にはなんと言えばいいのでしょうか・・・・、例えるならば子供が放送禁止用語を叫びながら無邪気に走りまわっている姿を芸術的に映像化しているような・・・そんな感じでしたね。

(6点) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)アンチクライスト Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる