Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)眠れる美女

<<   作成日時 : 2012/10/28 11:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


眠れる美女(2012/伊=仏)

監督/脚本:マルコ・ベロッキオ
プロデューサー:リッカルド・トッツィ
脚本:ヴェロニカ・ライモ
脚本:ステファノ・ルッリ
撮影監督:ダニエーレ・チプリ
編集:フランチェスカ・カルヴェリ
作曲:カルロ・クリヴェッリ
キャスト: イザベル・ユペール/トニ・セルヴィッロ/アルバ・ロルヴァケル/ミケーレ・リオンディーノ/マヤ・サンサ/ピエール・ジョルジョ・ベロッキオ

昏睡状態が続く少女の尊厳死がイタリア全土を巻き込む関心事となった2009年、ベロッキオ監督はマスコミやキリスト教会や政治家、そしてイタリア国民の反応に大いにショックを受けたという。しかし映画にするには早急であると判断し、2年の間を置き、視野を広げた上で、本作を完成させた。尊厳死を巡る3つの物語は、監督自らの経験や価値観を包含しているが、最終的な判断はあくまで観客に委ねられている。一部即興も取り入れられた撮影を支えた俳優陣は、イタリアを代表する俳優トニ・セルヴィッロや、精力的な国際活動を続けるイザベル・ユペールの名優たちに加え、アルバ・ロルヴァケル(10年『素数たちの孤独』)や、ミケーレ・リオンディーノ(09年『テン・ウィンターズ』)などの若手のホープにも注目である。さらに、リオンディーノの弟役のファブリツィオ・ファルコは本年のヴェネチア国際映画祭で最優秀新人賞を受賞している。


 尊厳死という難しいテーマを軸に3つの物語を展開させているのですが、重苦しさはそれほどなく、むしろ登場人物たちの日常を時にはユーモアや皮肉を交えて描いているので非常に面白く観賞できました。

 相変わらずセンスのある映像美と実力派のキャスト陣の安定した演技も見ものでした。まあ、主テーマについての結論は曖昧な感じで、結局は「愛」に行き着いたなという感想です。

(7点)



【中古】afb 江戸川乱歩「緑衣の鬼」より 白い人魚の美女 /天知茂,夏純子,五十嵐めぐみ,朝加真由美,荒井注,江戸川乱歩(原作),宮川一郎(脚本),井上梅次(監督)
ブックオフオンライン楽天市場店
天知茂,夏純子,五十嵐めぐみ,朝加真由美,荒井注,江戸川乱歩(原作),宮川一郎(脚本),井上梅次(監

楽天市場 by 【中古】afb 江戸川乱歩「緑衣の鬼」より 白い人魚の美女 /天知茂,夏純子,五十嵐めぐみ,朝加真由美,荒井注,江戸川乱歩(原作),宮川一郎(脚本),井上梅次(監督) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)眠れる美女 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる