Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)ボスニア

<<   作成日時 : 2013/04/20 08:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


ボスニア (1996/ユーゴスラビア)
Lepa sela lepo gore
Pretty Village, Pretty Flame

製作 ゴラン・ビエログルリッチ / ミルコ・ヨシフォフ / ドラガン・ビエログルリッチ / ニコラ・コーヨ
監督 スルジャン・ドラゴエビッチ
脚本 スルジャン・ドラゴエビッチ / ニコラ・ペヤコビッチ / ワーニャ・ブリッチ
撮影 ドゥシャン・ヨクシモビッチ
美術 ミレンコ・イェレミッチ
音楽 アレクサンダル・ハビッチ
出演 ドラガン・ビエログルリッチ / ニコラ・コーヨ / ニコラ・ペヤコビッチ / ドラガン・マクシモヴィッチ / ヴェリミール・バータ・ジヴォイノヴィッチ / ゾラン・ツビヤノビッチ / ドラガン・ペトロヴィッチ

ユーゴの新星ドラゴエヴィッチ監督が戦争の悲惨さを、『プライベート・ライアン』に劣らぬ迫力の映像で描いた力作。96年度サンパウロ国際映画祭グランプリ受賞。


 戦争、特に内戦の悲惨さ、やりきれなさを巧みに描いた傑作です。ユーモラスな描写も、あまりにもどうにもならなくて「笑うしかない」という自虐的なものであって、悲惨な状況をいっそう際立たせる効果を生み出しています。

 脚本・演出が良く出来ていて、全く飽きさせることがなく映画としても良くできています(やや、ムスリム側の非道さを強調しているきらいはありますが)。

 こういう作品を観ていると、「平和」というものは「みんな仲良くしましょう」とか「愛があれば・・・」とかそういう甘っちょろいだけのものではなく、人間が人間として生きていくために、それが例え虚飾に満ち溢れたものであろうとも、あらゆる手段を講じて築き上げ維持していかなければならない「仕組み」なんだなということに気づかされますね。

 ちなみに、映画の中で出てくるスローガン「ボスニアを東京へ」の元ネタは、セルビアのサッカークラブ レッドスターがUEFAチャンピオンズリーグを制覇して東京で行われるトヨタカップに出場することを祝して使われたチャント(「セルビアを東京へ」)です。

(8点)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)ボスニア Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる