Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち

<<   作成日時 : 2013/08/17 01:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち (2011/日)

製作 尾崎宗子 / 大友麻子 / 大日方教史
監督 若松孝二
脚本 掛川正幸 / 若松孝二
撮影 辻智彦 / 満若勇咲
音楽 板橋文夫
衣装 宮本まさ江
出演 井浦新 / 満島真之介 / タモト清嵐 / 岩間天嗣 / 永岡佑 / 鈴之助 / 渋川清彦 / 大西信満 / 地曵豪 / 寺島しのぶ / 長谷川公彦 / 韓英恵 / 小林優斗 / 小林三四郎 / 小倉一郎 / 篠原勝之 / 吉澤健 / 中泉英雄 / 橋本一郎 / 平野勇樹 / 鈴木信二 / 落合モトキ / 粕谷佳五 / 磯部泰宏 / 小橋和之 / 水上竜士 / 辻本一樹 / 山岡一 / 増田俊樹 / 中沢青六 / 岡部尚 / 森岡龍 / 安田暁 / 藤井由紀


 『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』の若松孝二監督が、自決へと至る三島由紀夫と若者たちの軌跡を映画化。学生運動全盛期、三島由紀夫は文筆業の傍ら民族派の若者たちを組織化し「盾の会」を結成。有事の際に決起すべく訓練に励んでいたが…。


 三島由紀夫の自決前の姿を、当時の左翼運動とリンクさせながら描いていて非常に興味深い作品でした。何というか、世の為人の為を考えた行動というよりは自分の思い・美学を貫こうという幼いともいえる姿勢から来る行動という面が強いように感じて、「日本文学史に名を残す文豪」というイメージがやや崩れましたね。

 国の運営に理想や目標は必要かもしれませんが、そこに美学を持ち込むことの危うさを感じましたね。


(7点)

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)11・25自決の日 三島由紀夫と若者たち  Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる