Kozmic Blues by TM

アクセスカウンタ

zoom RSS (今日の映画)竜馬暗殺

<<   作成日時 : 2013/08/18 23:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


竜馬暗殺 (1974/日)

製作 宮川孝至 / 葛井欣士郎 / 黒田征太郎 / 富田幹雄
監督 黒木和雄
脚本 清水邦夫 / 田辺泰志
撮影 田村正毅
美術 山下宏
音楽 松村禎三
出演 原田芳雄 / 石橋蓮司 / 中川梨絵 / 松田優作 / 桃井かおり / 天坊準 / 野呂圭介 / 粟津號 / 秋元健 / 田村亮 / 山谷初男

慶応三年。薩長連合を成立させた土佐の坂本竜馬(原田芳雄)は、その革新的な思想のために、佐幕派と倒幕派の双方から命を狙われていた。竜馬は身の保全を図るため、京都・河原町の隠れ家に身を隠す。だが、そこにも竜馬の命を狙う刺客の手が迫っていた…。
モノクロ、スタンダード、モノラルというスタイルで、伝説の人物・坂本竜馬最後の3日間を描いた、黒木和雄監督の傑作。原田芳雄の、バンカラでありながらギラギラした独自の魅力が生かされ、新しい坂本竜馬像が描かれている。竜馬の生きた幕末の時代と、映画が製作された70年代の世相をダブらせ、新しい解釈をしたあたりが斬新。原田のほか石橋蓮司、桃井かおりといった個性的な出演者の中、人斬り右太に扮した、若き日の松田優作の鋭い眼光が、ザラついたモノクロ画面に映えて凄味がある。


 なんというか、いわゆる「時代劇」とは一味違う幕末を舞台にした映画作品です。原田芳雄・石橋蓮司・松田優作・桃井かおりという昭和後期の日本映画界を代表するキャスト陣、まるで劇画をそのまま実写化したかのような緊迫感、登場人物たちに白塗りでええじゃないかを踊らせるような前衛的、実験的な映像と非常に斬新に感じましたね(40年近く前の作品ではありますが)。

(7点) 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(今日の映画)竜馬暗殺 Kozmic Blues by TM/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる