(今日の映画)マラドーナ

画像


マラドーナ (2008/スペイン=仏)
Maradona by Kusturica

製作総指揮 ベレン・アティエンサ / オリヴィエ・デルボスク / ホセ・イバニェス / マルク・ミソニエ / ガエル・ヌアイユ
製作 ホセ・イバニェス / パウラ・アルバレス・バッカロ
監督 エミール・クストリッツァ
脚本 エミール・クストリッツァ
撮影 ロロ・プルペイロ
音楽 マヌ・チャオ / ストリボール・クストリッツァ
出演 ディエゴ・アルマンド・マラドーナ / エミール・クストリッツァ

ブラジルのペレと並びサッカー史上最も偉大なスーパースター、ディエゴ・マラドーナ。現役時代は超人的なテクニックで数々の栄光を手にする一方、その強烈なパーソナリティゆえに問題児としてたびたび騒動の渦中に身を置く波乱の選手人生でもあった。そして、引退後も様々なスキャンダルに見舞われてきたマラドーナだが、それでもなお未だサッカーを愛する多くの人々から尊敬と親愛の情を集めるサッカー界における唯一無二の存在であり続けている。そんなマラドーナの熱狂的支持者の一人、「パパは、出張中!」「アンダーグラウンド」のエミール・クストリッツァ監督が、彼の日常に密着、サッカーや家族、政治について熱く率直に語る彼の姿を通して、栄光と挫折を味わった男の知られざる真実の姿を映し出すドキュメンタリー。


 マラドーナとクストリッツァという「濃い」組み合わせに非常に期待してたのですが、やや消化不良な感じでしたね。欧米諸国に破壊されたセルビアとアメリカに侵攻されつつあるラテンアメリカを結びつけようとする試みは興味深いものがありましたけど、やはりマラドーナの存在感とスーパーゴールに惹きつけられてしまい印象が薄かったというのが正直なところです。

(6点)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック