テーマ:

(今日の一冊)手紙/東野圭吾(著)

(あらすじ) 強盗殺人の罪で服役中の兄、剛志。弟・直貴のもとには、獄中から月に一度、手紙が届く…。しかし、進学、恋愛、就職と、直貴が幸せをつかもうとするたびに、「強盗殺人犯の弟」という運命が立ちはだかる苛酷な現実。人の絆とは何か。いつか罪は償えるのだろうか。犯罪加害者の家族を真正面から描き切り、感動を呼んだ不朽の名作。 …
トラックバック:7
コメント:0

続きを読むread more

(今日の一冊)疾走/重松清(著)

疾走   重松 清 (著) 広大な干拓地と水平線が広がる町に暮す中学生のシュウジは、寡黙な父と気弱な母、地元有数の進学校に通う兄の四人家族だった。教会に顔を出しながら陸上に励むシュウジ。が、町に一大リゾートの開発計画が持ち上がり、優秀だったはずの兄が犯したある犯罪をきっかけに、シュウジ一家はたちまち苦難の道へと追い込…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(今日の一冊)夕凪の街桜の国 / こうの 史代

夕凪の街 桜の国 (こうの史代/著) 出版社名 双葉社 (ISBN:4-575-29744-5) 発行年月 2004年10月 サイズ 103P 21cm (内容) 昭和30年、灼熱の閃光が放たれた時から10年。ヒロシマを舞台に、一人の女性の小さな魂が大きく揺れる。最もか弱き者たちにとって、戦争とは何だ…
トラックバック:4
コメント:6

続きを読むread more

(今日の一冊)嫌われ松子の一生 /山田宗樹(著)

嫌われ松子の一生 山田 宗樹 (著) 30年前、中学教師だった松子はある事件で馘首され故郷から失踪する。そこから彼女の転落し続ける人生が始まった__。一人の女性の生涯を通して愛と人生の光と影を炙り出す感動ミステリ巨編。  先日、映画「嫌われ松子の一生」を見て以来、すっかりハマってしまいました。一昨日、また映画館で…
トラックバック:6
コメント:2

続きを読むread more

(今日の一冊) ぼくのプレミア・ライフ / ニック ホーンビィ (著)

ぼくのプレミア・ライフ 新潮文庫 ニック ホーンビィ (著), Nick Hornby (原著), 森田 義信 (翻訳) 「なぜなんだ、アーセナル!」と頭を抱えて四半世紀。熱病にとりつかれたサポーターの人生はかくも辛い。すべてのスケジュールは試合日程次第。頭のなかでは自分とチームとがこんがらがっている。人生設計なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(今日の一冊)悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷

悪役レスラーは笑う―「卑劣なジャップ」グレート東郷 岩波新書 新赤版 (982) 森 達也 (著) 高下駄に法被,頭には「神風」の鉢巻を巻き,ゴング鳴るや,敵の目に塩をまく奇襲攻撃.第2次大戦直後のアメリカ・プロレス界で「卑劣なジャップ」を演じて,巨万の富を稼いだ伝説の悪役レスラーがいた.様々な資料や証言から浮かび…
トラックバック:4
コメント:3

続きを読むread more